遺贈

遺言書によって財産を贈与することをいいます。その効力は遺言者の死亡時に発生するものですので,生前中は受遺者(遺贈を受ける方)であっても何の権利も持ちません。なお,遺贈には,①財産の全部,財産の2分の1というように,財産を特定せずに,財産の割合で示して行う包括遺贈,②特定の不動産,特定の預貯金というように,具体的な財産を目的とする特定遺贈,があります。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで