特別縁故者

「被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者その他相続人と特別な縁故があった者」を指す(民法958条の3)。特別縁故者は、死亡した者に相続人が存在しなかった場合、家庭裁判所への請求により、相続財産の全部または一部を相続する可能性がある。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで