先日亡くなった父の遺言書の中に,父より先に死亡した叔父に対して,特定の財産を遺贈する旨の記載がありました。このような場合には特定の財産は叔父の妻や子が相続することになるのでしょうか。

遺贈の相手方が被相続人よりも以前に死亡している場合,遺贈の効力は生じません。そのため,叔父が死亡していた場合にはその妻や子供に相続させる等の特段の意思表示が無い限り,叔父や叔父の妻,子がその財産を得るということにはなりません。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで