私には長年一緒に生活している猫がいます。私が死んだ後にこの猫が困らないように遺言書を作って財産を残したいと思っているのですが,猫に財産を残すことはできますか。

法律上,財産を譲り受けることが出来る相手方は人や法人に限定されています。そのため,犬や猫等の動物に対しては財産を譲ることはできません。このように猫に直接譲ることはできませんが,飼主の方の死後,ペットの世話をしてくれる友人等に財産を譲ることは可能ですから,そのような方に財産を譲り,ペットの世話をお願いするというのが現実的な方法といえます。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで