私は長男に全財産を譲るという内容の遺言書を作成しようと考えています。音信不通となっている次男には遺留分を含めて一切の財産を渡したくないと考えているのですが,そのようなことは可能でしょうか。

遺留分は,遺言書によって被相続人の財産を得ることが出来なかった他の家族が金銭面等で日常の生活に支障が出るという事態を防ぐための制度といわれています。そのため,遺言書等によって特定の法定相続人の遺留分も含めて奪うことは,上記のような遺留分を設けた趣旨にも反するため出来ません。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで