先日亡くなった父が母に遺産の全てを相続させるという内容の遺言書を残していました。父の息子である私には父の遺産を得る権利は全く無いのでしょうか。

被相続人によって特定の人に全ての財産を譲るという遺言を残された場合,遺言書によって被相続人の財産を得ることが出来なかった他の家族が金銭面等で日常の生活に支障が出る可能性が出てきます。そこで法律はそのような事態を防止するために遺留分という権利を一定の範囲の法定相続人に設けました。その遺留分という権利を行使することにより法定相続分のうち一定割合にあたる財産を法定相続人(兄弟姉妹は除く)は確保することが出来ることになります(民法1028条1項各号)。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで