父の遺産について,遺産分割協議を行った後,死後認知された父の子が現れました。遺産分割協議はどうなりますか。

認知により,出生時に遡って父子関係が生じますので,死後認知された父の子も相続人となります。しかし,相続の開始後認知によって相続人となった者が遺産の分割を請求しようとする場合において、他の共同相続人が既にその分割その他の処分をしたときは、価額のみによる支払の請求権を有するとされています。したがって,遺産分割協議は変更されず,死後認知された父の子は,相続分について,価額のみの請求ができます。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで